ぺんたゴンチャです。

BTC(ビットコイン)の価格は、現在540万円付近にあります。Plan B氏によると、年末までに1btc=10万ドル(1100万円)になるとの予測です。私、ぺんたゴンチャはこれはかなり信ぴょう性があると思います。

Plan B氏の予測は、彼の考案したS2Fモデルにあります。これは、BTCの発行枚数上限と半減期をもとにした価格予測モデルです。

ビットコインの発行枚数は、最大で2100万btcと決まっています。BTCはマイニングによってその報酬として新たに発行できるわけですが、その報酬の枚数がほぼ4年に一度、半分になります。これを半減期といいます。

発行上限が決まっているので、新たに生み出される数がどんどん減っていきます。
つまり、早い時期にビットコインを保有している人は、その分、希少価値が上がっていくわけです。

将来のことは誰にもわからないとは言いますが、半減期は必ずやってきます。

もう一つ、ビットコインが値上がりする理由があります。それは「価値の保存手段」です。お金持ちは有事のときの為に、金の延べ棒を保有したり、金のアクセサリーを買います。いざという時、国外逃亡にしたときなどにそれが自分の身を守るからです。

金の価値は世界共通ですから、国家が滅びても、金の価値は残ります。

これと同じことをビットコインは可能としています。金の延べ棒を持って逃げるのは大変です。しかし、ビットコインであれば、場所は取りませんし、世界共通の価値を持ちます。

「あんなにレートが上下するものをどうやって決済に使うのwwww」と言っている人がいます。その人は貧乏人です。あなたはゴールドを決済に使うでしょうか?

ビットコインの真価は、「価値の保存」です。これは敏腕ファンドマネージャーのキャシーウッド氏も言っています。キャシーのBTCの価格予測は、1btc=50万ドル(5000万円)です。また、世界中の大手金融機関がビットコイン関連のサービスを準備しています。

私、ぺんたゴンチャは1btc=1億円の世界は荒唐無稽な夢ではないと考えています。
s2fmodel
↑S2Fモデルによれば、今年1btc=10万ドルを超えるとされる。白い線に注目。

SPONSORED LINK

ビットコインを買うことは、たとえて言えば、今、100年前にタイムスリップして東京都心や有名住宅地の土地を買うことと同じです。

そうしたエリアに昔から土地を持っている人は、地主階級として今も裕福です。値上がりした土地を活用して、賃貸を経営したり、土地を担保に事業を起こしたり、まさに土地があることで裕福な生活を一族で享受しているのです。

あなたはそれを悔しいと思うでしょうか。

確かにそうでしょう。彼らは「たまたまそこに農地を持っていたに過ぎない」幸運な人々です。しかし、ビットコインは、誰でも買えるのです。将来の地主階級になれるかどうかはあなたの考え一つです。

すべてはあなた次第です。
ぺんたゴンチャから親愛なるあなたへ。
↓こちら、応援クリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK