ぺんたゴンチャです。

庶民は搾取されています。東京オリンピックでは大量のボランティアが必要とされ、多くの国民が動員されています。

まるで大政翼賛会を想起されるかのような状況が繰り広げられているわけですが、ボランティアとはいえ、非常に重要な商業的イベントでの業務に就くわけで、以前から「これはていの良いタダ働きなのでは?」と疑問視する声もちらほらありました。

とはいえ、オリンピックは国事とされ、そういう言動は非国民とみなされかねない風潮もあり、大々的には言いづらくもありました。

しかし、ここへ来て、五輪ボランティアはやりがい搾取ということがはっきりしてきました。というのも、オリンピックスタッフを時給1600円で募集し始めたからです。

「それってかなり高度な職種だからでしょ?」とおっしゃるかもしれません。下記は募集要項です。
20191202_1a

SPONSORED LINK

これを見れば、高度な職種だからお金を払う、ということは全く当てはまらないことがお分かりになると思います。必要なスキルは、「入力・編集(Word)、入力・編集(Excel)、入力・編集(PowerPoint)」と記載されており、全然特別なスキルを必要とはしていません。

一方で、ゼロ円で集めた業務の中には、通訳などの高度な能力を要するものや体力がないと厳しい職種もあり、これらが無料なのと事務スタッフが時給1600円貰えることを比較すると、非常に理不尽です。
大会の運営側としては、1円でもコストを抑えたいわけで、0円で人材を確保できるなら、これに越したことはありません。

あとは不足した部分だけ、お金をかけて人を雇えば、トータルで見れば相当なコスト削減となります。
これを一般社会でやると犯罪です。国事行為に匹敵すると国民に思いこませているからこそ成立することなのです。

もちろん、本人が同意してのことですから、それで良いではないかという意見もありますが、それこそ巨悪の思う壺なのです。「やりがいが報酬だ。カネは払わない。」と言われたらどう思うでしょうか?

若者が憧れる業界、例えば、アニメ・コミック・ゲーム業界では生活できないほどの給料で死ぬほど働かせるのが常態化していますし、そうでなくとも、「職があるだけありがたいと思え!」という悪徳社長が君臨する会社では、残業代なしでこれまた死ぬ寸前まで働かせられます。

これは「やりがい搾取」として社会問題になっています。

にもかかわらず、オリンピックという公的な色彩の強いイベントでこれと同じことをしているわけです。

「違うよ。オリンピックと悪徳企業の例は全然違うよ。だってオリンピックはみんなで盛り上げるものじゃないか」との声が聞こえてきます。

これは完全に騙されています。

今のオリンピックは、公共の皮を被った、超商業イベントです。儲かるのは、広告会社とエンタメ業界、建設業界です。本当にボランティアというなら、電通は無料で仕事をすれば良いのではないでしょうか?国立競技場のデザイン料も無料でやれば良いのではないでしょうか?

「電通さんには成果には対価をもって答えなければならない」というひとがいらっしゃれば、「ボランティア職には対価を払わなくよいのか?」と疑問が浮かびます。

「オリンピックという一大イベントに関われて良い思い出になってやりがいがあるだろう?それが対価だよ」と言うのなら、電通にも同じことが言えるでしょうか?言えないでしょう。

要するに、商業イベントとして儲ける人がいるのに、どうしてその儲ける人たちの為に、庶民は無料で労働を提供しなければならないのか?これにまともに答えられる人はいません。これを矛盾と言います。

ボランティアと言っても台風や地震などで被害を受けた地域に人が行くのとは、まったく違います。
運営組織が単にカネを節約して儲ける為に、無料で労働力を得る為に使う方便が、「ボランティア」という方便です。方便とは、嘘のことです。

お金持ちになりたいのなら、世の中の搾取の構造に気づかなければなりません。

すべてはあなた次第です。

ぺんたゴンチャから親愛なるあなたへ。
↓こちら、応援クリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK