ぺんたゴンチャです。

モデル出身の女タレント加藤紗里さんが「稼げない男はクズww」との声明を発表し、これに対し、ネット民は大激怒しました。炎上の理由は、あまりに図星過ぎたからでしょう。

日々の苦しい労働とは裏腹に稼げていない自覚のある男性は多く、そんなときに、無教養で下品な女タレントから、痛いところを突かれてしまったわけですから、怒るのも無理ないことです。

しかし、ある面でこの残酷な言動は世の真理です。あなたや私、そしてこの下品そうな女タレントが生きるこの世界は資本主義です。資本主義の世界では、金を稼げない者や持たざる者はゴミ以下の扱いを受けます。

名作マンガ「カイジ」でも利根川が言いました。「勝たなきゃゴミ・・・!」そう、稼げなきゃゴミ・・、そのように解釈できます。

20191130h1b

SPONSORED LINK


ですから、加藤紗里さんのおっしゃりようは正しいわけです。

しかしながら、投資家たるあなたや私たちを何よりいらつかせるのは、その点ではありません。
彼女の世界認識のなさが、私たちを激しくイリテイトさせます。

彼女もまた、古い価値感を引きずった無教養な日本ローカル人間であり、「稼げない男はクズ」発言は実はグローバルスタンダードから言えば、文明が及ばぬ未開の民族と嘲笑されかねない、程度の低い認識という点です。

完全に無教養で下品で誤った世界観で、私たち一般ピーポーを小馬鹿にするのですから、手に負えないのです。

どういうことか?彼女はおっしゃいました。「稼げない”男”はクズ」だと。

彼女のおっしゃりようでは、男は稼げないといけないが、女はそうではない、という言説を含んでいますが、これは世界基準からすると大変奇妙な考え方です。なぜなら、まともな国家では、男も女も稼ぐのが普通だからです。

彼女はビジネスパーソンではなく、モデル上がりのタレントさんですから、年齢と美貌が彼女自身の稼ぎの源泉です。ということは、彼女の拠って立つ「稼ぎ」は、加齢とともに減衰していきます。
つまり、このままでは稼げない者になる可能性が高いわけです。

にもかかわらず、「稼げない男はクズ」と言い放てるあたり、彼女の浅薄さ、軽薄な世界観、グローバルスタンダードから圧倒的に乖離した程度の低さが露呈しています。

このような人が、勝ち誇ったようにあなたや私のようなサラリーマンを含め、稼げない男はクズ!などとおっしゃるわけで、大変に困惑してしまうのです。

ところで、何を以ってすれば、「稼げる」と言うのでしょうか?

彼女の言説からすれば、非常に高価な宝石や旦那の巨額な年収がその条件のようですが、これもまた良く知られた研究結果とはかけ離れています。

つまり、収入と幸福度合いの関係についての認識レベルが大変ショボイということです。

ノーベル経済学賞を受賞した学者、ダニエル・カーネマンは年収75000ドル(800万円)くらいまでは、幸福度合いが年収の増加に伴って増えるが、それ以上の収入増は幸福の増加に直結しない、という研究結果を発表しています。現在は、この考え方は広く浸透しています。

この研究結果から分かるのは、「お金がないことで遭遇する不幸は、お金があれば回避できる」、そして結果として、その安心感が幸福につながる、ということです。

加藤紗里さんのようなロクに学校も出ていないような人物に指摘されると些か閉口いたしますが、それでも彼女の言うことに真理が含まれるのは、私たちが生きていくにはお金が必要だという厳然たる事実です。また、お金がない家庭のほうが、それによる問題を多く抱え、結果、不幸になっているという事実です。

この変なタレントの言葉に立腹されているのでしたら、次のように解釈して、投資活動に活かしましょう。
まず、稼げない男がクズなのではななく、男女関係なく、稼げない奴はクズ。これが資本主義社会の根本なので仕方がないということ。

そして、お金があれば圧倒的幸福かというと、そうではなく、お金がないことで発生する不幸を回避する程度には必要だということ(米研究によれば800万円程度)。それ以上の幸福度合いはカネではないということ。

最後に、美貌を売りにする女タレントは、稼ぎの源泉が時間とともに消失するということ。

これらはすべて真理です。

すべてはあなた次第です。


ぺんたゴンチャから親愛なるあなたへ。
↓こちら、応援クリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK